ラブロシャンプーの口コミと使用感

ラブロシャンプーを乾燥肌で敏感肌の私が実際に使ってみた感想とラブロの口コミを調べてみました。

オーガニックシャンプー

そもそもオーガニックって何?

私がオーガニックシャンプーの購入を決めて探している時に「何がどうなればオーガニックなんだろう?」という疑問が浮かんだんです。

オーガニックっていう言葉が流行りだしてから何年か経つけど、何となく自然に優しい・体に良い・化学物質を使用していないみたいなイメージだけど、実際はどうなんだろう?

食べ物から化粧品、衣料品までもオーガニック素材を使ったシャツ、なんてのもあったりするのかな?とにかくいろんなジャンルでオーガニックという言葉は使われています。

でも、「オーガニック」という雰囲気で売られている化粧品の成分表をよくよくみてみると、「エッ、これって全然オーガニックじゃないじゃん!」っていう商品にも出会います。オーガニック、自然派化粧品とうたっていても、アルコールや合成の界面活性剤が入っていたりしています。

ヨーロッパ諸国は化粧品であっても「オーガニック」という言葉を使用するにあたって厳格な条件・規制があるみたいですけど日本はどうなんでしょう?

 

植物由来の原料を使っていたら、ほとんどオーガニック?

日本のオーガニック化粧品を見てみると植物由来の天然成分が配合されているだけで「オーガニック」という状態な感じです。

だからと言って、素人が化粧品やシャンプー、食品の成分を商品を手にとって見たところで1つ1つの成分がオーガニックと呼べる条件の物かどうかなんてよっぽど勉強して調べないと分からないと思いました。

もちろん100%オーガニックにこだわった商品もあるんでしょうけど、そこまで調べあげるのは結構難しい気がします。合成された化学成分を主成分にしないで、オーガニックの条件で作られたか不明の植物由来成分が入っているものを日本では「オーガニック製品」って呼んでいる場合が多いと思われます。

 

 だとすると、オーガニックシャンプーの定義は?

本来、というか消費者側からすると「オーガニックシャンプー」とは有機栽培でのみ生産された原料を使っているシャンプーということになります。

シャンプーには洗浄・香料・泡立ち・防腐効果等が必要であり、それらを全てまかなおうとすると100%オーガニックというのは限られた商品になってくるのでは?というのが私なりの結論です。

要するに気にすべきところは、シャンプーの成分の中のオーガニックの部分ではなく、それ以外の成分ということになります。

そこがしっかりしていて且つオーガニックなら良いシャンプーというちょっと矛盾した解釈の仕方なんですけどね。。

 

 

 

 

 

投稿日:4月 8, 2017 更新日:

執筆者: